沿革

HOME>>沿革

沿革

1947.
昭和22年5月
佐藤鶴蔵を発起・提唱のもとに東京スプリング工業株式会社として設立。本社を東京都中央区日本橋に、工場を横浜市鶴見区に設置。
自動車用シートスプリング及び部品、一般椅子用スプリングの製造販売を行う。
1949.
昭和24年10月
本社及び工場を東京都品川区に移転。
自動車用クッション、ベッドマットレス用スプリングを納入。
先進諸国のスプリング関連技術を吸収・導入。
昭和28年には生産設備の増強のため同区内に移転し、機械設備を整備拡充。
1968.
昭和43年5月
ベッドの普及とともに、大量生産へ対応するため埼玉県幸手市に移転。
世界最新鋭のスイス スプール社製の全自動コイルマシン及びアッセンブリーマシンを導入しマットレスの製造に着手。
1987.
昭和62年
ポケットコイルマシンを導入。
1991.
平成3年7月
本社工場を埼玉県幸手市下宇和田に新設移転。
2009.
平成21年1月
最新のスイス スプール社製プリヒーティングポケットコイル製造マシンをアジアで初めて導入。
コイルスプリングからマットレスまでを国内工場で一貫製造。
高品質なマットレスの製造を可能とする。
さらには東京消防庁型の救助用担架の製造等、多方面の分野にわたり進出、挑戦を続けている。
ページの先頭へ戻る